通訳・翻訳養成学校のISSインスティテュートでは、キャリアにつながるプロの語学力を養成します。

ISSスクールブログ

アイ・エス・エス・インスティテュートが運営しています。


<< ISS派遣サイトでの通訳コラム/翻訳コラム [2013年]第十二回を掲載 | main | 授業体験レポート:2013秋【英語編】第4回 脳の回路の切り替え 日本語モードと英語モード >>
中国語通訳コース特別セミナーレポート「医療通訳の現状と将来の展望」


メディカルツーリズム(医療観光)のマーケット拡大に伴い、医療通訳のニーズが増加しつつある今、通訳者養成の必要性が叫ばれています。

今回、北里大学北里研究所研究員で医療通訳士の藤上理奈先生をお招きし、特別セミナー「医療通訳の現状と将来の展望」を開催しました。セミナーで藤上先生には、医療観光と医療通訳の現状の説明と医療通訳士のニーズ、そして医療現場でもとめられる通訳士像について、約1時間半にわたりお話しいただきました。

20131205b.jpg

**********

メディカルツーリズム(医療観光)の現状
 メディカルツーリズムにおいて、日本は残念ながら後れを取っており、アジアにおいては、タイや韓国、シンガポールなどが国策、もしくはそれに近い形で力を入れています。特に、タイは低コストを売りにアメリカからたくさんの患者を受け入れています。その背景にはアメリカの保険制度があります。日本のように皆保険ではないアメリカでは、高度先進医療を受ける場合、高額の費用負担が発生します。それを嫌って、低コストで治療が受けられるタイを訪れる人が後を絶たないのです。

一方、中国での事情は少し異なります。急激な経済成長により、富裕層が増加しました。現在約1億人いると思われるこの富裕層は、医療事情にまだ解決すべき問題がある中国国内ではなく日本で検診、治療を受けることを希望しています。こういった方々が診察、治療される際にサポートをするのが、「医療通訳士」なのです。


「医療通訳士」の必要性について
 医療観光が始まったばかりの当時は「医療通訳士」がいなかったので、日本語の学習歴がある中国人留学生に通訳を依頼していたようでしたが、漢字をそのまま訳しても通じない場合があり、正しい医療知識を持たない者が通訳業務を行うことが問題となりました。医療分野における通訳では誤訳が命に直接かかわるためです。

ここでいくつか実例をあげて説明します。
日本語と中国語は漢字が同じなので訳しやすいと思うかもしれませんが、実は漢字だからこそかえって大変です。例えば日本語の「S状結腸」は、中国語では「乙状結腸」と訳されます。また、日本語の「糸球体(腎臓の腎小体の主要部をなす細い動脈の球状のかたまり)」は、中国語で「腎小球」です。どちらの方向に訳出するにしても、そのまま訳したら絶対に通じません。専門用語をしっかりと身に付けておく必要があります。

さらに一般用語と医療用語の違いについても注意しなければなりません。
例えば「睡衣」は、一般的には「パジャマ」と訳せばよいのですが、医療現場では「検査着」と言わなければなりません。ちょっとしたことでも確かに違いますね。皆さんも健康診断でご存知と思いますが、「パジャマ」と言うとかなり違和感を覚えますよね。


求められる通訳士像について
「医療通訳士」は、日本と中国の文化の違いが分かり、医療知識を備えるとともに、言語も分からなければなりません。また、倫理的に中立であることが求められます。さらに、患者と病院の利益を尊重しなければなりません。患者は慣れない外国へ来て不安を感じているので、通訳の場面以外でもきめ細かい気配りをすることが大切で、また必要とされています。


最後に
 実際に日本へ医療観光に来た人の感想を聞くと、「病院が静かで清潔、医師や看護師も大変親切で優しいので、もっと早く知っていればよかった。中国でもっと宣伝するべきですね」というものがありましたので、日本の高度先進医療、質の高い医療サービスの良さをもっと知ってもらえれば、必ず需要はあると思います。この先ますます大きく広がると信じております。皆さんも是非医療専門知識を習得し、「医療通訳士」を目指してください。


**********

このセミナーでは、普段なかなか触れることのできない医療観光、医療通訳の様々な情報について、藤上先生が実例を挙げながら分かりやすく説明して下さったので、この後に行われた質疑応答でも参加者の方々は熱心に質問されていました。

ご参加いただいた方からは、「具体的な用語の比較や、現場の写真等もあり、医療通訳についてイメージすることができた」、「医療通訳に関してはもちろん、中国と日本の文化の違いもお話しいただきためになった」、「ボランティアで医療通訳をしているが、改めて専門知識の大切さを実感した」、「メディカルツーリズムの現状、課題、通訳士養成についての課題などよく分かった」などの声をお寄せいただきました。

アイ・エス・エス・インスティテュートでは今後も皆様のお役に立つセミナーを開催して参ります。

**********

 

丸藤上理奈先生が担当されるサマーコースのご案内丸

 四葉のクローバー 短期コース2018サマー
「日⇔中医療通訳入門」
[東京校] 7/28・8/4・18・25・9/1・8(土)10:30〜12:30(全6回)※8/11は休講

 

「日⇔中医療通訳基礎」
[東京校] 7/28・8/4・18・25・9/1・8(土)13:00〜15:00(全6回)※8/11は休講
 
短期コース2018サマーでは、入学金・レベルチェックテストは不要です。受講特典あり!

 

 

| イベントアルバム | 13:30 |

☆好評連載中!
『柴原先生のワンランクアップの英語表現』
banner_shibahara.jpg

CATEGORIES

RECOMMEND BOOKS


SELECTED ENTRIES

CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

リンク

モバイル
qrcode